福岡県農林水産物ブランド化推進協議会

FARM STATION FUKUOKA

お客様の声はこちら リンク お問合せはこちら

みかん

▼ 露地みかん

「福岡みかん」は福岡の特選ハウスみかんです。
福岡県とJAグループ福岡が自信をもっておすすめする福岡のおいしいみかんです。

みかんに最適の土壌。気候風土に合った品種。そして丁寧な栽培管理

各段階で徹底的においしさを追求した
粒ぞろいのハウスみかんです。


福岡みかんは、県南部のみやま市山川町を中心とした地域が主産地です。露地栽培のみかんのおいしさには定評がある地域で、土壌はみかん栽培に最適。ハウスみかんは、温度管理・水管理を露地ものよりさらに細やかに行える上、農家がたゆみなく栽培技術の研究・向上を図り、出荷時も最新鋭のシステムで糖度・酸度などをチェックしますので、品質・味ともに粒ぞろい。おいしいみかん作りの条件が整っているのです。

口の中に広がるしっかりとしたコク。驚くほどの甘さ

甘くみずみずしい果汁がたっぷり
夏の贈答品にもぴったりです。


太陽の輝きを写し取ったかのような、きれいに色づいたハウスみかん。薄い皮をむいて袋ごと口に入れると、まずその甘さにびっくり!柔らかい果肉からあふれるみずみずしい果汁には、甘みと同時に適度な酸味も感じられ、みかんらしいさわやかな味を楽しめます。 夏場のみかんのおいしさは、一度味わうとやみつきになるほど。夏の贈答品としても喜ばれる、ちょっと贅沢なフルーツです。

福岡のみかん Q & A
ハウスみかんって、どんなみかん?

晩秋から春先にかけて温室内を加温し、開花・生育・収穫期をずらして生産するみかんで、初夏~秋にかけて出荷されます。温度管理、水管理などが自在にできるため、糖度が高く果肉が柔らかい、おいしいみかんになります。

おいしいみかんの見分け方、選び方は?

果実が大き過ぎず、色つやが良くて皮が薄いのがおいしいみかん。ヘタが小さいこと、油胞(表皮の小さなぶつぶつ)が小さくて多いことも、選ぶ時のポイントです。新鮮かどうかは、へたの切り口でチェックしましょう。

ハウスみかんの上手な保存の仕方は?

みかんの保存には、風通しのよい冷暗所が適しています。とはいえ、ハウスみかんは夏場の果物。乾燥を防ぐために数個ずつ新聞紙などでくるみ、冷蔵庫に保存するのが良いでしょう。一番良いのは少量ずつ買い求め、すぐに食べきることです。