福岡県農林水産物ブランド化推進協議会

FARM STATION FUKUOKA

お客様の声はこちら リンク お問合せはこちら

もも

「福岡のもも」は福岡県産のおいしい桃です。福岡県とJAグループ福岡が自信をもっておすすめする福岡のおいしい桃です。

福岡のもも

福岡で生産される桃は、甘い香りと柔らかな果肉、糖度の高い溢れる果汁が特徴です。品種によって早生種、中生種、晩生種に分類されますが、それぞれに違った味わい、食感などが楽しめます。

西南暖地の機構を活かして栽培しています。半世紀以上の栽培で培った経験と技術

福岡のももの歴史は古く、半世紀以上前から栽培されています。県下でも有数の果樹地帯である、福岡県南部が主産地です。この地域は、西南暖地のため、桃の生産に最適な気候。
露地栽培はハウス栽培と違い、病害虫や天候など多くの苦労がありますが、自然の恵みをたっぷりと受け育った分、自然味豊か。また、福岡のももは出荷量が少ないため大変貴重です。貴重な福岡のももは、6月上旬~8月中旬にお楽しみいただけます。

甘くとろける福岡のもも。甘さ・ボリューム・舌触り全てに隙のない自信作

生まれたての赤ちゃんのお尻を想わせる、ほのかに紅く染まった果皮と、ほどよい弾力のある手触りは、福岡のもものおいしさを物語るもの。手に取った瞬間、甘い香りを漂わせる福岡のももは、口に入れると、やわらかい果肉からたっぷりの果汁が溢れだし、口いっぱいに甘さが広がります。芳醇でなめらかな舌触りは、まさに絶品。姿、味、香り、ボリューム、全てにおいて満足いただけるはず。
福岡のももで、夏の乾いた喉とカラダをぜひ潤してください。

福岡のもも Q & A

おいしい桃の見分け方は?

全体的に紅く色づいているものがベスト。適熟のものは、成り口部分がクリーム色になっています。また、晴れ間が続いた時に購入すると、甘い桃に出会えます。

もものおいしい食べ方は?

生食はもちろん、冷凍庫で凍らしてシャーベットにして、コンポートにしてもおすすめです。焼肉のタレの材料、カレーの隠し味など料理に利用しても◎。

桃の保存方法は?

硬いももは、冷やすと甘味が出ないので常温で保存がベター。食べる時に、冷やすといいでしょう。熟しているものは冷蔵庫へ。2~3日のうちに早く食べ切りましょう。